2018年度の会費および寄附のお願い

理事長のカンボジア移住に際しては、多くの暖かいご支援を頂き、本当にありがとうございました。おかげさまで、無事に移住を果たしましたが、移住当初には様々な予想以上の費用が掛かることが分かりました。
つきましては、2018年度の会費(年額3,000円)、および可能であれば支援のためにご寄付をお送りくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

振込先
郵貯銀行からの場合
00200-5  50518
NPO法人 風のクリキンディ

その他の金融機関からの場合
店名 〇二九 店番 029
当座 0050518

カンボジアに着任しました

皆様へ
3月22日成田を立ちバッタンバンに着きました。カンボジアには10回ほど来ておりますが、滞在と移住ではかなりの違いが出てきます。雨季の前の今は特に暑く最低28℃最高42℃あります。ポルポト最後の地です。
特に離日に際しましては皆様方からご支援や心温まるお心遣いを頂き感謝いたします。当面は実験農場の整備、持参した種苗等の育苗と乾季対策の灌漑に取り組んでまいります。また貧しい農家の飲料水確保のため、資金が許す限り雨水貯蔵と飲料に適した殺菌を手掛けてまいります。
これからも皆様の祈りに加えてくださり、カンボジアの実情を伝えてくださり、変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

4月20日に、お願いしていた中古のバイクが入りました。まあまあのレベルです。650$しました。新車は2,200$します。日本の2倍以上です。輸入品は、ガソリン、アルコール、電気なんでも高いです。
いよいよ自分で圃場まで行けます。バイク生まれて初めて乗りました。車は右側通行です。信号はほとんどありません。最近警察がネズミ捕りを始めたせいで60kmぐらいで走るようになりました。農機具を揃えなければいけません。少しずつやっていきます。

5月1日に、やっと、メール、スマホの環境が前進いたしました。試験農場の写真を送ります。本来ならばお一人お一人に手書きのお手紙をお送りすべきではあります。乱文乱筆であります。現場で少し進んだ姿をお見せできればとお送りいたします。たくさんの方々に支えられております。ずっと見捨てずにご指導いただきありがとうございます。一緒に夢を追っていきましょう。夢は必ず叶います。苦難の中にある子供たちと手を繋いで夢を追っていきましょう。
此のところ2、3日に1回ほどスコールが降ります。雨期の始まりです。こちらの稲作は、雨が降ったら水田に籾(皮のついたお米の種)をばらまきます。そして乾季(10月末ごろ)になり、稲がかわくと穂だけ摘み取ります。農家はこれから田起し、種まきと忙しい時を迎えます。日本のようにコメという字は八十八と書きそれだけ手をかけるといわれますが、こちらはいたってシンプルです。30℃には慣れてきました。 バッタンバンより

NPO法人風のクリキンディ 理事長 今井 弘

カンボジアの今井弘理事長からの近況写真 (1)

実験農場となる土地です。一般的にこちらの土壌はことのほか粗悪です。火山灰土、関東ローム層のようでもなく乾燥すると固い土の塊となり、空気の層の形成を阻害します。まずは土づくりからです。しかしここはまだ比較的良好と言っておきましょう。この「ため池」の水を使わせていただけます。年間を通し営農することを考えてきた場所のようです。
大きな葉っぱはバナナの葉です。竹と同じように地下茎で増えていきます。こちらのバナナはモンキーバナナでいわゆる台湾やフィリピンバナナより小型です。1房12,3本で1500~4000リエルで約40から100円ぐらいです。
これからどうしても必要なのが耕運機という歩いて耕す機械と農具、放牧された牛から農作物を守るフェンスです。
なお、この小屋は私の住まいではありません。かつて、農作業に従事した方たちの住居と思います。この農場から17キロ離れた町中に私は住んでいます。

 

カンボジアの今井弘理事長からの近況写真 (2)

農場候補地に立つ私です。なおこの袋は、ここで従事した人が以前集めた枯葉や枯草です。焼いて灰にして畑に播くか、たい肥として牛糞、豚糞、鶏糞などと藁も一緒に積み上げ発酵させ、有機肥料を作ります。日本と違い落葉樹がほとんどなく落ち葉集めは大変です。乾季に入ると稲の穂だけを収穫し、茎と葉は畑にすきこんでしまいます。近年、カンボジアでは化学肥料と農薬の過大な使用が問題になってきています。私は無農薬、有機栽培を目指します。
一緒に働く仲間の写真は次回にお見せします。

NPO法人「風のクリキンディ」の2018年度の推進にあたります

下記の体制で運営に当たります。皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。
理事長 今井 弘 (在 カンボジア)
副理事長 持田侑宏 (総務担当)
理事 四井恒夫 (書記・広報担当)
理事 長田 恵 (会計担当)
監事 山本 満

2018年度の会費およびご寄付のお願い

理事長のカンボジア移住に際しては、多くの暖かいご支援を頂き、本当にありがとうございました。おかげさまで、無事に移住を果たしましたが、移住当初には様々な予想以上の費用が掛かることが分かりました。
つきましては、2018年度の会費(年額3,000円)、および可能であれば支援のためにご寄付をお送りくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

振込先
郵貯銀行からの場合
00200-5  50518
NPO法人 風のクリキンディ

その他の金融機関からの場合
店名 〇二九 店番 029
当座 0050518

風のたより 第2号

「風のクリキンディ」活動の第一歩、今井理事長が 8 月に現地調査

【カンボジア現地調査】

8 月 17 日から 25 日までの予定で、今井理事長が高橋顧 問を同行し、カンボジアのプレアヴィヒア周辺視察と現 地の受け入れ態勢などについて調査をして来ます。 高橋顧問は 30 年前に難民として来日し、帰化したカンボ ジア人で、現地には親戚など人脈もお有りです。

続きを読む

風のたより 第1号

NPO設立にあたり

【人は夢を見る】

人はどんな時代、どんな境遇 の中に生まれたとしても必ず 夢を見るものだと思います。 日本の敗戦後、動物園に象が いないことを知ったインドの ネルー首相が2頭の象を贈っ てくれました。確か小学3年 生か4年生の頃、誰に聞いた のかも今では覚えていませんがその話は子供の頃の私に は忘れられない出来事でした。「大人になったらいつか必 ず恩返しがしたい」それが貧しい国の子供たちのために 生きることでした。

続きを読む