カンボジアの今井弘理事長からの近況写真 (2)

農場候補地に立つ私です。なおこの袋は、ここで従事した人が以前集めた枯葉や枯草です。焼いて灰にして畑に播くか、たい肥として牛糞、豚糞、鶏糞などと藁も一緒に積み上げ発酵させ、有機肥料を作ります。日本と違い落葉樹がほとんどなく落ち葉集めは大変です。乾季に入ると稲の穂だけを収穫し、茎と葉は畑にすきこんでしまいます。近年、カンボジアでは化学肥料と農薬の過大な使用が問題になってきています。私は無農薬、有機栽培を目指します。
一緒に働く仲間の写真は次回にお見せします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です