カンボジアに着任しました

皆様へ
3月22日成田を立ちバッタンバンに着きました。カンボジアには10回ほど来ておりますが、滞在と移住ではかなりの違いが出てきます。雨季の前の今は特に暑く最低28℃最高42℃あります。ポルポト最後の地です。
特に離日に際しましては皆様方からご支援や心温まるお心遣いを頂き感謝いたします。当面は実験農場の整備、持参した種苗等の育苗と乾季対策の灌漑に取り組んでまいります。また貧しい農家の飲料水確保のため、資金が許す限り雨水貯蔵と飲料に適した殺菌を手掛けてまいります。
これからも皆様の祈りに加えてくださり、カンボジアの実情を伝えてくださり、変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

4月20日に、お願いしていた中古のバイクが入りました。まあまあのレベルです。650$しました。新車は2,200$します。日本の2倍以上です。輸入品は、ガソリン、アルコール、電気なんでも高いです。
いよいよ自分で圃場まで行けます。バイク生まれて初めて乗りました。車は右側通行です。信号はほとんどありません。最近警察がネズミ捕りを始めたせいで60kmぐらいで走るようになりました。農機具を揃えなければいけません。少しずつやっていきます。

5月1日に、やっと、メール、スマホの環境が前進いたしました。試験農場の写真を送ります。本来ならばお一人お一人に手書きのお手紙をお送りすべきではあります。乱文乱筆であります。現場で少し進んだ姿をお見せできればとお送りいたします。たくさんの方々に支えられております。ずっと見捨てずにご指導いただきありがとうございます。一緒に夢を追っていきましょう。夢は必ず叶います。苦難の中にある子供たちと手を繋いで夢を追っていきましょう。
此のところ2、3日に1回ほどスコールが降ります。雨期の始まりです。こちらの稲作は、雨が降ったら水田に籾(皮のついたお米の種)をばらまきます。そして乾季(10月末ごろ)になり、稲がかわくと穂だけ摘み取ります。農家はこれから田起し、種まきと忙しい時を迎えます。日本のようにコメという字は八十八と書きそれだけ手をかけるといわれますが、こちらはいたってシンプルです。30℃には慣れてきました。 バッタンバンより

NPO法人風のクリキンディ 理事長 今井 弘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です